アタラックスの通販での購入

アタラックスの概要

アタラックスは、有効成分としてヒドロキシジン塩酸塩を含む内服薬で、蕁麻疹や皮膚のかゆみを抑える他、不安や緊張感をやわらげる効果のあるお薬です。
抗アレルギー作用と、中枢神経抑制作用のふたつの作用を持ちます。
有効成分であるヒドロキシジン塩酸塩は、第一世代の抗ヒスタミン薬です。
アレルギーを起こす物質であるヒスタミンの働きを抑えることで、アレルギーによる皮膚症状を改善する効果があります。
また、ヒスタミンは脳の覚醒にも関係すると考えられている物質で、中枢神経にヒスタミンが結合するのを阻害することで覚醒しにくくするとともに、不安や緊張感を取り除く効果もあります。
さらに、脳の中で神経の過度な興奮を抑えるGABAという物質の働きを高める作用もあり、それによって気持ちを落ち着かせたり、緊張や不安、ストレスを和らげる効果も期待できるお薬です。
他の抗うつ剤などと比較して、依存性が低く安全性が高いという特徴もあります。

アタラックスの効果について

アタラックスは、蕁麻疹やかゆみでお悩みの方の他、不眠気味の方や、軽度の不安や緊張がある方、また軽度のうつ症状がある方の、症状改善に効果を期待できるお薬です。
このことから、アタラックスは次のような症状に使われます。

  • 蕁麻疹
  • 皮膚疾患に伴うそう痒かゆみ
  • 神経症における不安・緊張・抑うつ

アタラックスの服用方法

皮膚科領域では、通常成人は主成分ヒドロキシジン塩酸塩として1日30~60mgを、2~3回に分けて服用します。
神経症においては、主成分ヒドロキシジン塩酸塩として、1日75~150mgを3~4回に分けて服用します。
不眠に用いる場合は、寝る前に服用してください。
尚、年齢や症状によって適宜増減されます。

アタラックスの副作用

アタラックスの主な副作用としては、眠気、だるさ、口渇感、紅斑、発疹・かゆみ、蕁麻疹などが報告されています。
また稀に、アナフィラキシーショックや肝機能・心機能障害が起こる可能性があります。
アタラックスを服用後に身体の異常を感じた場合には、服用を中止して医療機関を受診するようにしてください。

アタラックスの注意事項

妊娠中や妊娠の可能性のある方、また授乳中の方は、胎児や乳児に悪影響を与える危険性があるため使用できません。
眠気を感じることがあるため、アタラックス服用後は自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高いところでの作業などは控えてください。
アルコールは薬の作用を強めてしまう可能性があるため、飲酒はお控えください。
併用に注意が必要なお薬がありますので、他の病気で治療中の方や服薬中の方は、アタラックスを使用する前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。