アダパレンの通販での購入

アダパレンの概要

アダパレンは皮膚の角化を抑える塗り薬で、通常尋常性ざ瘡(ニキビ)の治療に使われます。
ニキビ治療薬として有名なディフェリンゲルのジェネリック医薬品で、スイスに本拠地を置く製薬会社である「Galderma (ガルデルマ)社」が製造販売しています。
Galderma (ガルデルマ)社は皮膚科領域に特化した製薬会社で、現在はニキビケア用品として有名なザ・プロアクティブ株式会社と業務を提携しています。
アダパレンに含まれる有効成分は、アダパレンです。
この成分はビタミンA誘導体と似た構造を持っています。
皮膚の表皮における角化を抑制し、毛穴のつまりを解消させます。
それにより、ニキビの前段階である微笑面皰と非炎症性皮疹(白ニキビ・黒ニキビ)をできにくくすることで、炎症性ニキビ(赤ニキビ)を減少させます。
臨床試験では、アダパレンを1年間使用した方の84.5%が、ニキビを半分以上減らすことができたという報告があります。

アダパレンの効果について

アダパレンは、主に軽度から中程度の非炎症性ニキビの治療に使われるお薬です。
ニキビの初期段階で治療することで、炎症の強いニキビに移行するのを防ぐことができます。
またアダパレンのピーリング効果によって、肌のきめを整える効果も期待できます。

アダパレンの使用方法

1日1回、就寝前に患部に適量を塗布します。
洗顔後に化粧水や保湿クリームなどでお肌を整えた後に塗ってください。
切り傷や擦り傷、湿疹のある部位には塗らないでください。
目の周囲に塗る場合には、目に入らないように十分注意してください。
他の刺激性のある外用薬との併用には注意が必要です。

アダパレンの副作用

アダパレンの副作用として、特に使用し始めの2週間に、皮膚の乾燥や不快感、発赤、かゆみ、皮がむけるといった皮膚症状が現れることが多いようです。
ほとんどの場合軽症で一時的ですが、症状が続く場合や悪化するような場合には、皮膚科の医師に相談してください。

アダパレンの注意事項

塗布後に紫外線に当たると、皮膚に刺激感を感じる可能性があるため、アダパレン使用中は日焼け止めや日傘などで紫外線への対策を行うようにしてください。
また日焼けランプや紫外線治療などで、過度な紫外線を浴びることも避けてください。
妊娠中や授乳中の方は使用できません。
また12歳以下の小児への安全性も確立されていないため、使用はお控えください。