アシトレチンの通販での購入

アシトレチンの概要

アシトレチンは皮膚の角質をおさえるお薬で、主に乾癬など角化異常症の治療に用います。
アシトレチンはビタミンA類似物質に分類されるお薬で、含まれる有効成分はアシトレチンです。
この成分は、ビタミンAに似た化学構造を持つレチノイドという物質のひとつで、皮膚や粘膜を正常に保つ作用があります。
服用することで皮膚や口腔粘膜の異常に固くなった部分(角化)をはがし易くし、正常な表皮や粘膜を再形成し、症状を改善する効果が期待できるお薬です。

アシトレチンの効果について

アシトレチンは、他の治療では改善されなかった、次のような症状の改善効果が期待できるお薬です。

  • 乾癬群(尋常性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症、関節症性乾癬)
  • 魚鱗癬群(尋常性魚鱗癬、水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症、非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症)
  • 掌蹠角化症
  • ダリエー病
  • 掌蹠膿疱症
  • 毛孔性紅色粃糠疹及び紅斑性角化症
  • 口腔白板症
  • 口腔乳頭腫
  • 口腔扁平苔癬

アシトレチンの服用方法

通常、成人は1回主成分アシトレチンとして25~30mgを、2~3回に分けて2~4週間服用を続けます。
症状によって適宜増減しますが、1日の最大量は75mgまでです。
その後は症状に応じて、1日10~30mgを1~3回に分けて服用します。

アシトレチンの副作用

アシトレチンの主な服用方法としては、粘膜の乾燥および炎症、頭痛、口唇炎、喉の渇きなどが報告されています。
服用開始後、乾癬の症状が一時的に悪化することがありますが、ほとんどの場合一定期間後に改善します。
ただし、改善しない場合は使用を中止して皮膚科を受診してください。
また稀に起こる重篤な副作用として、肝機能検査異常、末梢性浮腫、聴覚障害、脂質代謝障害などがあります。
アシトレチンを服用して身体の異常を感じた場合には服用を中止し、症状が改善されない場合は医療機関を受診するようにしてください。

アシトレチンの注意事項

胎児の催奇形性が報告されているため、アシトレチンの服用中は確実な方法での避妊が必要になります。
妊娠中の方や授乳中の方も使用できません。
また、本剤に過敏症のある方、肝機能障害、腎機能障害のある方、ビタミンAを投与中の方、ビタミンA過敏症の方は、アシトレチンを服用することはできません。
高齢者の方や25歳以下の方、糖尿病の方などは、服用に注意が必要です。
その他にも、治療中の病気がある方や服用中の薬がある方は、アシトレチンを使用する前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。