オイラックスの通販での購入

オイラックスの概要

オイラックスは、有効成分としてクロタミトンを配合した外用薬で、湿疹、じん麻疹、虫刺されなどのかゆみの治療に使われるお薬です。
また疥癬虫(ヒゼンダニ)による疥癬の治療にも用いられることもあります。
オイラックスを塗布すると、皮膚に軽い灼熱感を起こし、温感に対する刺激がかゆみの感覚を消失させることによって、かゆみが抑えられると考えられています。
ステロイドが配合された塗り薬に比べると抗炎症作用は弱いものの、副作用が少なく安全性が高いため、幅広い年齢層で安心して使用できるお薬です。

オイラックスの効果について

オイラックスの主成分であるクロタミトンは、かゆみを止める効果があります。
一般的に次のような症状の治療に用いられます。

  • 湿疹
  • じん麻疹
  • 神経皮膚炎
  • 皮膚そう痒症
  • 小児ストロフルス

また医師の判断によっては、疥癬などほかの病気の治療に使われることもあります。

オイラックスの使用方法

通常、適量を1日数回患部に塗ります。
疥癬に対しては、1日1回7日間続けて頚から下の全身にまんべんなく塗布します。
目の周りや口の中、また粘膜などには使用できません。
目や口に入った時は、すぐに水でよく洗い流してください。
使用後に感じる軽い熱感は、主成分であるクロタミトンの作用によるものですので、心配いりません。

オイラックスの副作用

オイラックスの主な副作用としては、、皮膚の刺激感(熱感、ひりひり感など)、接触性皮膚炎(発赤など)、かゆみ、発疹、湿疹、紅斑、血管浮腫などが報告されています。
一過性であれば問題ありませんが、症状が長引く場合や、かえって悪化するような場合には、早めに皮膚科を受診してください。

オイラックスの注意事項

オイラックスの成分に過敏症のある方は使用できません。
乳幼児や妊娠中の方、高齢者の方は、大量に長期間使用するのは避けてください。
他の外用薬を使用中の方は、事前に医師や薬剤師に相談してから使うようにしてください。
炎症症状が強い部位には、まずは炎症を抑える作用の強いステロイドなどの外用薬を使用するようにしてください。
オイラックスの成分が金属に触れると変質することがあるので、金属のへらなどは使わないようにしてください。
また、他の容器に入れ替えないようにしてください。