エフペシアの通販での購入

エフペシアの概要

エフペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアを改良したお薬です。
フィンペシアと同じ、インドの製薬会社であるシプラ社が製造販売しています。
有効成分としてプロペシアと同じフィナステリドを配合しています。
過剰に摂取することが好ましくないとされる着色料の「キノリンイエロー」を使用していないため、添加物が気になる方でも安心して服用できるという特徴があります。

エフペシアの効果について

エフペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因となる物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を減らす効果があります。
DHTは毛包に作用してヘアサイクルを早めてしまうため、それによって毛髪が十分に成長する前に抜け落ち、さらに毛包が次第に小さくなり産毛のような細い毛しか生えなくなることで、脱毛や薄毛が進行してしまいます。
DHTは、男性ホルモンのテストステロンが5-α還元酵素と結合して生成されます。
フィナステリドは、5-α還元酵素の働きを抑制してDHTの発生を減らします。
それによりヘアサイクルが正常に戻り、健康的な毛髪が生えることが期待できます。
効果が現れるまでの期間には個人差がありますが、一般的に6か月程度必要であるとされています。
ただし6か月以上使用しても全く効果が現れない場合には一旦使用を中止して、専門医に相談してください。

エフペシアの服用方法

通常、成人は主成分フィナステリドとして0.2mgを1日1回、水またはぬるま湯で服用します。
年齢や症状によって適宜増減されますが、1日の上限量は1mgになります。
初期時の影響は受けないので、食前食後は問いませんが、できるだけ毎日同じ時間に飲むようにすることで血中濃度を一定にするとともに、飲み忘れを防ぐことができます。
効果が現れても、服用を中止すると症状は再び進行する可能性が高いので、継続して服用を続ける必要があります。
服用を始めると脱毛症状が現れますが、毛髪を再生させるための生え変わりの抜け毛ですので、心配する必要はありません。

エフペシアの副作用

エフペシアの主な副作用としては、男性ホルモンのバランスが乱れることによる性機能の低下が報告されています。
また稀に肝機能障害が起こる可能性もあります。
エフペシアを服用して身体の異常を感じた場合には、医療機関を受診してください。

エフペシアの注意事項

主成分であるフィナステリドの過敏症のある方や、未成年、女性の方は使用できません。
使用中や使用後1か月は献血はできませんので、ご注意下さい。
また肝臓病や肝機能障害のある方は、事前に医師に相談してからご使用ください。