エナカルドの通販での購入

エナカルドの概要

エナカルドは、有効成分としてエナラプリルマレイン酸塩を配合する高血圧の治療薬です。
この成分は、ACE阻害薬と呼ばれる系統です。
この種類のお薬は高血圧治療薬の中でも、比較的高い効き目がある上に安全性が高く、高血圧症の第一選択薬として多く使われています。
血圧を上げる体内物質である「アンジオテンシンⅡ」の生成を抑える作用があります。
エナカルドはそれにより、体内の血管が拡がり、水分や電解質が正常に調整されることで血圧が下がる効果が期待できるお薬です。

エナカルドの効果について

エナカルドは主に高血圧の治療に使われるお薬です。
また、心不全などの心臓病や、腎硬化症や糖尿病性腎症などの腎臓病の改善にも効果が期待できるとされています。
さらに血圧を正常に保つことによって、将来の脳卒中や心臓病、腎臓病の発症リスクを下げる効果も期待できます。
エナカルドは、主に次のような疾患の治療に使われます。

  • 本態性高血圧症
  • 腎性高血圧症
  • 腎血管性高血圧症
  • 悪性高血圧
  • 軽症~中等症の慢性心不全 (ジギタリス製剤、利尿剤等の基礎治療剤を投与しても十分な効果が認められない場合)

エナカルドの服用方法

高血圧症の場合

通常、成人は主成分エナラプリルマレイン酸塩として5~10mgを1日1回服用します。
年齢や症状によって適宜増減します。
腎性高血圧症、腎血管性高血圧症、また悪性高血圧症の方は、2.5mgから服用を開始してください。

慢性心不全 (軽症~中等症)の場合

通常、成人は主成分エナラプリルマレイン酸塩として5~10mgを1日1回服用します。
年齢や症状によって適宜増減します。
ジギタリス製剤、利尿剤等と併用するようにしてください。
腎障害のある方や利尿剤を服用している方は、2.5mgから服用を開始してください。

いずれの場合も、飲み忘れに気が付いた時はその時点ですぐに飲みますが、次回の服用時間が近い場合は1回抜かして、次回通常通りに服用してください。
2回分まとめて飲むことは絶対にしないでください。

エナカルドの副作用

エナカルドの主な副作用としては、めまい、咳などが報告されています。
咳が出る方は多く、ほとんどの場合それほど心配はいりませんが、つらい場合は医師に相談してください。
また稀に次のような重い副作用が起こる可能性があります。

  • 血管浮腫 … 呼吸困難、顔・舌・のどのはれ
  • ショック … 顔面蒼白、冷汗、立ちくらみ
  • 急性腎不全 … 尿量減少、全身のむくみ、倦怠感
  • 膵炎 … 腹痛、悪心
  • 高カリウム血症 … 筋力低下、脱力、手足のしびれ

これらの症状が現れた場合には、速やかに医療機関を受診してください。

エナカルドの注意事項

特に飲みはじめにはめまいなどが起こりやすくなるため、自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高いところでの作業などには十分注意してください。
飲み合わせに注意が必要な薬が多くあるため、現在継続して飲んでいるお薬がある方は、医師や薬剤師に相談してから使用するようにしてください。