アボダートの通販での購入

アボダートの概要

アボダートは、イギリスに本社があるグラクソ・スミスクライン社が開発した、有効成分としてデュタステリドを含有するお薬です。
長い間前立腺肥大症の治療薬として使われて来ましたが、近年男性型脱毛症(AGA)の改善効果が認められるようになり、AGA治療薬としても使われるようになっています。
デュタステリドは、5α還元酵素阻害薬に分類される成分です。
男性ホルモンのテストステロンを、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑える作用があります。
DHTが抑制されることで、前立腺を縮小させる効果と、毛髪のヘアサイクルを正常に戻す効果の2つの効果が得られます。
それにより、アボダートは前立腺肥大による排尿障害の緩和や、AGAによる薄毛や脱毛が改善する効果が期待できるお薬です。

アボダートの効果について

アボダートは次の症状改善効果が期待できるお薬です。

  • 前立腺肥大症
  • 男性型脱毛症(AGA)

いずれに場合も、服用開始から6か月程度で効果を実感できるようになるとされていますので、最低6か月間の継続した服用が必要になります。
AGAに用いる場合は、外用薬であるミノキシジルと併用すると、効果が得やすくなると考えられています。

アボダートの服用方法

前立腺肥大症の場合

通常、成人は主成分デュタステリドとして1回0.5mgを1日1回服用します。

男性型脱毛症(AGA)の場合

通常、成人は主成分デュタステリドとして1回0.1mgを1日1回服用します。
症状により、1日量を0.5mgまで増量できます。

食事の影響は受けないため、食前食後は問いませんが、できるだけ毎日同じ時間に服用することで、薬の血中濃度を均一に保てるのに加え、飲み忘れの防止にもなります。

アボダートの副作用

アボダートの主な副作用としては、勃起不全、性欲減退、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)、蕁麻疹、射精障害、腹部不快感、倦怠感、流動性めまいなどが報告されています。
また稀に、重い副作用として肝機機能障害が起こる可能性があります。
アボダートを服用して身体の異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するか、必要に応じて医療機関を受診するようにしてください。

アボダートの注意事項

デュタステリドに過敏症がある方、女性、妊娠中、授乳中の方、未成年者、重度の肝障害のある方は、アボダートを使用することはできません。
成分は経皮吸収されるため、女性や小児は薬剤に触れないように特にご注意ください。