アバナの通販での購入

アバナの概要

アバナは、有効成分としてアバナフィルを含むED治療薬であるステンドラのジェネリック医薬品です。
インドの製薬会社「サンライズレメディーズ社」が製造販売しています。
バイアグラやレビトラ、シアリスなどの第1世代のED治療薬と比べて、第2世代のED治療薬であるアバナは、即効性がある上に食事や飲酒に影響されにくいとして、特に欧米で多くの男性に愛用されています。
主成分のアバナフィルは、PDE5阻害薬に分類される成分です。
PDE5(5型ホスホジエステラーゼ)という酵素は、勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまう作用があります。
つまり、このcGMPが分解されてしまうとED状態になるということです。
アバナは、PDE5の働きを阻害してcGMPが分解されないようにすることで、陰茎付近の血管を拡張し、海綿体の筋肉を弛緩させて多くの血液を流れ込ませ、EDを改善する効果があるお薬です。

アバナの効果について

アバナは、ED(勃起不全)を改善する効果が期待できるお薬です。
即効性があるのが特徴で、性行為の予定のおよそ15分~30分程前に服用することで、効果が現れます。
一方、効果の持続時間は6時間程度とそれほど長くなく、翌朝まで効果が続くことはほとんどありません。
また、催淫剤や性欲増強剤ではないため、性的な刺激や興奮があってはじめて効果が発現するお薬です。

アバナの服用方法

通常、主成分アバナフィルとして50~100mgを性行為の15分~30分ほど前に、水またはぬるま湯で服用します。
1回服用したら、次に飲むまでは24時間以上間隔をあけてください。
初めて飲むときは、50mgから開始してください。
特に65歳以上の方や、肝機能、腎機能が低下している方は、少量から服用を開始してするようにしてください。

アバナの副作用

アバナの主な副作用としては、ほてり、潮紅(あから顔)、頭痛、口の渇き、鼻づまり、胸焼け、消化不良、下痢、動悸、眠気などが報告されています。
これらの症状の多くはアバナフィルの血管拡張作用によるもので、軽い症状であることがほとんどです。
ただし時間が経過しても症状が治まらない場合や、悪化するような場合には、医師や薬剤師に相談するか医療機関を受診してください。
特に急激な視力の低下または喪失や、勃起が4時間以上続くような症状がある時は、速やかに受診してください。

アバナの注意事項

使用に注意が必要な既往症や、併用に注意が必要な薬がありますので、他の病気で治療中の方や服薬中の方は、アバナを使用する前に医師や薬剤師に相談してください。