アカルボースの通販での購入

アカルボースの概要

アカルボースは食後の血糖値を抑えるお薬で、主に糖尿病の治療に用いられます。
食事の直前に服用することで、主成分であるアカルボースが小腸において砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する酵素であるαグルコシダーゼの働きを抑え、糖質が消化吸収されるのを遅らせることでで急激に血糖値が上がるのを防ぎます。
また、膵液や唾液に含まれる酵素であるαアミラーゼの活性も抑制する作用もあります。
作用秩序から、αグルコシダーゼ阻害薬に分類されます。
さらに、食後の過血糖を防ぐことによって、脂肪として蓄えられる糖分も減少するため肥満体質の改善の効果も期待できるお薬です。
血糖を下げる効果は穏やかなため、糖尿病に治療においては他の血糖降下薬と併用して使われるケースが多くなっています。

アカルボースの服用方法

通常、成人は主成分アカルボースとして100mgを、1日3回食事の直前に服用します。
最初は50mgから服用を開始し、副作用などの状態を確認した上で100mgまで増量することもあります。
カロリーが低い食事の際や、食事を摂らなかった時は服用しないでください。
食事中に飲み忘れに気が付いた場合はすぐに服用します。
食後に気が付いた場合は1回抜かしてください。
次回の食事の際に2回分まとめて飲むことは、絶対にしないでください。

アカルボースの副作用

アカルボースの主な副作用としては、腹が張る、ガスがたまっておならが出る、おならが増える、下痢、便秘、腹痛などの消化器症状や、吐き気、嘔吐、皮膚が黄色くなる、白目が黄色くなる、尿が黄色い、かゆみ、身体がだるい、食欲不振などの肝機能障害が報告されています。
これ以外にも、アカルボーズを服用して身体の異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するか医療機関を受診するようにしてください。
また、アカルボースの服用中に、空腹感、脱力感、発汗、寒気、ふるえ、頭痛、めまい、意識障害が現れた場合は低血糖症状の可能性が高いため、すぐに5~10gのブドウ糖を摂取してください。

アカルボースの注意事項

2型糖尿病や境界型の方は、まず食事療法や運動療法からはじめ、それで血糖が十分に下がれば薬を使う必要はありません。
不十分な場合のみアカルボースなどの薬物を使うことになりますが、アカルボースを服用中であっても、基本的な食事療法や運動療法は続けるようにしてください。
アカルボース服用中は、低血糖でめまいやふらつきが起こる可能性があるため、自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高いところでの作業などには十分に注意してください。