エルクインの通販での購入

エルクインの概要

エルクインは、インドに本社を置く製薬会社であるシプラ社が製造販売する抗生物質で、クラビットのジェネリック医薬品です。
有効成分としてレボフロキサシン水和物を含むニューキノロンと呼ばれる抗菌薬であり、通常皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられます。
細菌のDNA合成を阻害して細菌の増殖を抑制することで、殺菌作用を示すお薬です。
従来の抗菌薬よりも抗菌の力が強く様々な細菌に有効で、病巣への移行もよいためこれまで飲み薬では治療が難しかったような感染症の改善効果も期待できます。
副作用も比較的少なく、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーのある方も使用可能です。

エルクインの効果について

エルクインは、主に次のような症状の改善効果があるお薬です。

  • 性感染症のクラミジアと淋病
  • 呼吸器感染症(急性気管支炎、咽頭炎、扁桃炎、肺炎など)
  • 皮膚の感染症、尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎など)
  • 婦人科領域の感染症(子宮頸管炎など)
  • 耳鼻科領域の感染症(中耳炎、外耳炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、扁桃炎など)
  • ニキビの治療
  • 歯科領域の感染症
  • マイコプラズマ、レジオネラによる感染

エルクインの服用方法

通常、成人は主成分レボフロキサシンとして500mgを、1日1回服用します。
服用量は感染症の種類や症状によって、適宜増減します。
飲み忘れに気が付いた時はできるだけ早く服用しますが、次の服用時間が近い場合には1回抜かして、次回通常通りの量を服用してください。
2回分まとめて飲むことは絶対にしないでください。
数日間服用しても症状が改善されない場合は、お薬が合っていない可能性があるため、医師の相談するようにしてください。
また、症状が改善したと思って服用を中止してしまうと、再び症状が現れることがある上に、耐性菌が現れやすくなるため、完全に症状が改善してからも2~3日間は服用を続けるようにしてください。

エルクインの副作用

エルクインの主な副作用としては、発疹、不眠、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、腹部不快感、腹痛などが報告されています。
これらの症状が出た場合には、医師や薬剤師に相談してください。
その他にも稀に重篤な副作用が起こる可能性がありますので、エルクインを服用して明らかに身体の異常を感じた場合には、速やかに医療機関を受診してください。

エルクインの注意事項

飲み合わせに注意が必要なお薬がありますので、他の病気で治療中の方や服薬中の方は、エルクインを使用する前に医師や薬剤師に相談してください。
稀に意識障害が現れることがありますので、自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高いところでの作業には念のため十分注意してください。