タダシップの通販での購入

タダシップの概要

タダシップは、有効成分にタダラフィルを含有するED治療薬です。
ED治療薬として有名なシアリスのジェネリック医薬品であり、インドの製薬会社「シプラ社」が製造販売しています。
主成分であるタダラフィルは、血管を収縮させる酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを抑え、陰茎の血管を拡張させるcGMP(環状グアノシン一リン酸)が分解されてしまうのを防ぐ作用があります。
その作用から、PDE5阻害薬に分類されるお薬です。
PDE5が阻害されることによって、cGMPが陰茎周辺の平滑筋を弛緩させます。
さらに血管も拡張させて血流を増やすことで陰茎海綿体に多くの血液が流れ込むことによって、EDの症状が改善されます。
タダシップの大きな特徴としては、持続時間の長さが挙げられます。
主成分タダラフィルとして10mgを服用した場合で最長で36時間、20mg服用した場合には最長で48時間、効果が持続するとされています。
また食事に影響されにくいことも、優れた特徴のひとつです。
EDには心理的に要因のある心因性と、神経や血管などの身体に要因のある器質性、またその両方に起因する混合型がありますが、タダシップはそのすべてのタイプに効果が期待できると考えらえています。
尚、催淫薬や性力増強薬ではないので、性的興奮や刺激があって初めて効果が発現しますので安心です。

タダシップの服用方法

通常、成人は1日1回、主成分タダラフィルとして10mgを、性行為の予定の約1時間前に服用します。
次に服用するまでは、24時間以上の間隔をあけてください。
10mgで十分な効果が得られず、忍容性が良好である場合には1回20mgまで増量できます。
ただし、軽度から中程度の肝機能障害のある方は10mgを超えないようにしてください。
また中等度から重度の腎障害のある方は5mgから開始し、中等度の腎障害のある方は10mgを超えないこととし、10mg服用する場合には48時間以上の間隔をあけてください。
重度の腎障害のある方は5mgを超えないでください。

タダシップの副作用

タダシップの主な副作用としては、潮紅、消化不良、背部痛、筋痛、四肢痛、頭痛、鼻閉などが報告されています。
多くの場合、タダシップの血管拡張作用によるもので、薬の成分が分解されると消滅することがほとんどです。
ただし、症状が長引く場合や悪化するような場合には、医療機関を受診するうようにしてください。

タダシップの注意事項

タダシップには服用に注意が必要な既往症や、併用が注意なお薬が複数あります。
他の病気で治療中の方や、お薬を飲まれている方は、タダシップを使用する前に必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。