ダイフルカンの通販での購入

ダイフルカンの概要

ダイフルカンは、真菌による感染症の治療に用いられる抗生物質です。
主に水虫や膣カンジダ症の治療に使われます。
ダイフルカンに含まれる有効成分はフルコナゾールで、この成分はトリアゾール系抗真菌薬に分類されます。
服用することで、真菌の細胞膜の生合成を阻害して真菌を殺菌します。
カンジダ属およびクリプトコッカス属に強い抗菌力を示すことが特徴であり、吸収が良く肺や髄液に高濃度で移行するとされています。

ダイフルカンの効果について

ダイフルカンは次の症状改善に効果が期待できるお薬です。

  • カンジダ属及びクリプトコッカス属による感染症
  • カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎
  • 造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防

ダイフルカンの服用方法

カンジダ症の場合

通常、成人は主成分フルコナゾールとして50~100mgを1日1回服用します。
重症または難治性真菌感染症の場合には、1日400mgまで増量できます。

クリプトコッカス症の場合

通常、成人は主成分フルコナゾールとして50~200mgを1日1回服用します。
重症または難治性真菌感染症の場合には、1日400mgまで増量できます。

カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎の場合

通常、成人は主成分フルコナゾールとして150mgを1回服用します。

造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防の場合

通常、成人は主成分フルコナゾールとして400mgを1日1回服用します。

ダイフルカンの副作用

ダイフルカンの主な副作用としては、肝臓機能障害、発疹、消化器障害、頭痛、めまい、腎臓障害、代謝異常、発熱、けん怠感などが報告されています。
また稀に、皮膚粘膜眼症候群、薬剤性過敏症症候群、血液障害、急性腎不全、意識障害、偽膜性大腸炎などが起こる可能性があります。
ダイフルカンを服用して身体の異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するか、必要に応じて医療機関を受診してください。

ダイフルカンの注意事項

ダイフルカン服用で胎児への悪影響が報告されているため、妊娠中の方は服用できません。
また、併用に注意が必要なお薬がありますので、他の病気で治療中の方や服薬中の方はダイフルカンを使用する前に医師や薬剤師に伝えるようにしてください。