ツゲインの通販での購入

ツゲインの概要

ツゲインは、有効成分にミノキシジルを配合した男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
育毛剤として有名なロゲイン(日本国内ではリアップ)のジェネリック医薬品で、インドの製薬会社であるシプラ社が製造販売しています。
ミノキシジルは、元々高血圧症の治療薬として開発されていましたが、副作用に発毛効果があることが報告されたことから、育毛剤としても使用されるようになったという経緯があります。
AGAの治療薬としては、他にフィナステリドやデュタステリドといった成分が含まれる製品がありますが、これらのお薬とは違うメカニズムで発毛を促します。
フィナステリドやデュタステリドが薄毛や脱毛の原因となる男性ホルモンを抑制してAGAを改善させるのに対して、ミノキシジルは発毛そのものを促進させる作用があります。
頭皮の血行を促進させるのに加え、毛根の細胞を活性化させる作用によって発毛を促し、太い毛を育て髪の寿命を延長させることで、薄毛や脱毛の改善に効果が期待できるとされています。
ツゲインには含まれるミノキシジルの濃度が2%、5%、10%の製品があり、それぞれ次のような特徴を持ちます。

ツゲイン2%

ツゲイン2%は刺激も効果も控えめで、薄毛が気になりはじめ、初めてツゲインを使用する方にお勧めできます。
また、女性の薄毛(FAGA)にも使用することが可能な商品です。
(女性はミノキシジル2%以上の商品は使用できません。)

ツゲイン5%

ツゲイン5%はミノキシジルの濃度としては標準的な商品です。
効き目と副作用のバランスもとれており、初めて使用する方にもおすすめです。

ツゲイン10%

ツゲイン10%は、頭皮に与える刺激はやや強くなりますが、その分効果も期待できる商品です。
日本で販売されているリアップシリーズは5%が最高濃度ですので、それよりも高濃度です。
AGAの進行が目立ってきた方に特におすすめです。

ツゲインの効果について

ツゲインを直接薄毛部位に塗布することで、主成分であるミノキシジルが毛母細胞を活性化させ、発毛を促す効果が期待できます。
効果が発現するまでの期間には個人差がありますが、早い方では4か月程度、一般的には6か月程度で効果を実感できるとされています。
そのため、効果を感じないと思っても、最低6か月程度は使用を継続することが推奨されます。

ツゲインの使用方法

通常、1日2回朝晩に薄毛部分に指で1ml塗布します。
塗布の間隔は12時間をあけるようにしてください。
塗布後は薬剤が十分浸透するまで、最低4時間は洗い流さないでください。
スポイトまたはスプレーのうち、ご自分に合った方法で塗布できます。

ツゲインの副作用

ツゲインの主な副作用としては、頭皮の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、局所熱感、頭痛、めまい、胸痛、頻脈、体重増加、手足の浮腫、むくみなどが報告されています。
ツゲインを使用して身体に異常を感じた場合には使用を中止し、必要に応じて医療機関を受診してしてください。

ツゲインの注意事項

ミノキシジルに過敏症ある方、未成年の方、妊娠中・授乳中の方、AGA(FAGA)以外の脱毛症の方などは、タダリスを使用することができません。
その他にも、注意が必要な既往症等がありますので、病気を治療中の方や服薬中の方はタダリスを使用する前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。