ダイトールの通販での購入

ダイトールの概要

ダイトールは、体内の余分な水分を尿ととも排出して、むくみを改善したり血圧を下げたりする効果のある利尿薬です。
インドのムンバイに本社がある製薬会社、シプラ社が製造販売しています。
ダイトールに含まれる有効成分は、トラセミドです。
トラセミドは、ループ利尿薬に分類される成分で、利尿剤の中では最も作用が強いとされています。
尿細管のループ状に曲がっている部分のヘンレ係蹄に作用することから、ループ利尿剤と呼ばれています。
腎臓の尿細管で水分と塩分が再吸収されるのを抑制し、尿量を増やすことで体のむくみが改善されます。
血液中の無駄な水分が減り、さらに血管壁のナトリウムも減少するため心臓の負担が軽減し、血圧が下がる効果が期待できます。
また、利尿薬を使用することで、体に必要な電解質であるカリウムが排出され過ぎてしまうと低カリウム血症を引き起こす危険性がありますが、トラセミドは身体にカリウムを保つことができる「カリウム保持性」を持つため、そのリスクが低いことも特徴のひとつです。

ダイトールの効果について

ダイトールは次の症状の改善効果が期待できるお薬です。

  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫

ダイトールの利尿効果は服用後1時間以内に発現し、そのままおよそ6~8時間持続します。
ダイトールでは血圧を下げる効果が不十分な場合には、他の降圧剤を併用するようにしてください。

ダイトールの服用方法

通常、1日1回主成分トラセミドとして4~8mgを、水またはぬるま湯で服用します。
尚、年齢や症状によって適宜増減されます。
食事には影響されないため食前食後は問いませんが、飲み忘れを防ぐため毎日できるだけ同じ時間に飲むようにすることが推奨されます。

ダイトールの副作用

ダイトールの主な副作用としては、倦怠感、脱力感、めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、尿酸値上昇、耳鳴り、一時的な難聴などが報告されています。
また稀に低カリウム血症、低ナトリウム血症、肝機能障害、血液障害などが起こる可能性があります。
ダイトールを服用して身体に異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するか、または医療機関を受診するようにしてください。

ダイトールの注意事項

併用に注意が必要なお薬が複数あります。
他の病気で治療中の方や服薬中の方は、ダイトールを使用する前に医師や薬剤師に必ず伝えてください。
血圧が下がることでめまいやふらつきが起こることがあるため、自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高いところでの作業などには十分ご注意ください。