レボクインの通販での購入

レボクインは様々な種類の「細菌感染」がもとになって起こる「感染症」を治すために使用されている「抗菌薬」であり、先発医薬品である「クラビット」のジェネリック医薬品になります。
レボクインに含有されている有効成分の「レボフロキサシン」は「ニューキノロン系」に類する抗生物質となっており、クラミジアや淋病といった「性感染症」をはじめとして膀胱炎、副鼻腔炎、急性気管支炎、歯周病、また咽頭炎といった症状にも改善効果を持ちます。
さらにニキビにも改善効果があります。

レボクインの効果について

レボクインは、細菌が「DNA複製」をするのを妨害する作用があります。これによって、細菌が増えていくのをストップさせて、殺菌し、細菌感染がもとになって起こる症状を改善させることができます。大元の原因に対して、殺菌的に作用しますので、症状を完治させることが可能です。

レボクインは他の抗生物質と比較しても「抗菌力」が高いことが特徴となっています。そして「病巣への移行性」という観点から見ても優秀であるため、「緑膿菌」などを始めとする、非常に治りづらいタイプの感染症に対しても大きく治療効果を発揮します。

レボクインの有効成分レボフロキサシンは他の治療薬と比べても副作用が少ないことも知られており、「ペニシリン系」および「セフェム系」といった抗生物質にアレルギー反応を示してしまう方であっても服用できます。

レボクインの服用方法について

通常レボクインは有効成分レボフロキサシンとして、1回につき500mg(2錠)を1日に1回、経口にて服用します。しかし、この分量については疾患および症状に応じて、適宜調整(減量)されます。
また腸チフス、およびパラチフスにおいては、有効成分レボフロキサシンとして、1回につき500mg(2錠)を1日に1回、14日間、経口にて服用します。

レボクインの副作用について

上でも紹介したように、レボクインは副作用の少ない抗菌薬であるとされていますが、全くない訳ではありません。
疹、めまい、不眠といった副作用が現れる場合もあります。
こういった副作用が起こり、症状が強く現れた場合や、改善しない場合は、できるだけ早急に医師に相談を行うようにしてください。