ミノキシジルの通販での購入

ミノキシジルというのは、高い発毛効果に期待できる「AGA(男性型脱毛症)の治療薬」の一つになります。

元来、このミノキシジルというのは高血圧症を治すための治療薬として研究開発されていた医薬品でしたが、ミノキシジルを使った人の多くに、「髪の毛が増えた、毛が増えた」という症状が報告されたことから、それ以降、発毛剤としての研究および開発が進められました。

研究が進められた結果ミノキシジルはAGAの治療薬として認可を受けて、現在となっては全世界の90か国を超える国にて、「薄毛を減らして髪の毛を増やすためのお薬」として用いられるようになっています。

ミノキシジルは「毛母細胞」の働きを良くする

ミノキシジルとは「毛母細胞」の働きを「良化する」という作用に期待できる成分です。
毛母細胞という細胞は「髪の毛の大元」といっても過言でないほどに、大きな役割を担っている細胞です。
よってこの毛母細胞が正常に活動していないと、髪の毛も正常に生えてこないのです。

頭髪というのは、根元にある「毛乳頭」の箇所で、毛細血管と接触しています。その毛乳頭の中にあるのが、先程紹介した毛母細胞です。

この毛母細胞が、何らかの理由によって活動が鈍ると、この毛母細胞自体の数が減少します。頭髪というのは毛母細胞が元気に分裂し続けることによって出来上がるものですので、毛母細胞に活力を与えてあげないと、当然新しい毛髪が誕生することもないのです。そして、その「活力」を毛母細胞にもたらしてくれる成分こそがミノキシジルという訳なのです。

男性型脱毛症のように、髪の毛のサイクル(毛周期)が通常よりも大きく短くなってしまい、ちゃんと毛髪が成長し切る前に、脱落してしまう場合においても、ミノキシジルを活用することによって、髪の毛のサイクル(毛周期)を正常化させて、発毛を促すことへと結びつけることが可能となるのです。

外用タイプのミノキシジルには、どんなメリットがあるの?

ミノキシジルには内服するタイプの製品もありますが、ボリュームが気になる患部へと直接塗って、成分を吸収させるタイプの「外用薬」は、内服薬と比較して副作用が少ないのが特徴です。そして、薬として経口で服用することに抵抗を覚えている方にも手軽に用いることができるのが、外用タイプのミノキシジルのメリットであると言えるでしょう。

もともと研究されていた高血圧の薬が元となって生み出されたミノキシジルは、元々内服薬でしたが、AGAや薄毛の治療に用いられたのは、ここで紹介している「外用薬タイプ(塗るタイプ)」のものです。外用薬タイプのミノキシジルはAGA分野においても権威である「日本皮膚科学会」のガイドラインにも記されているように、有用性が認められており、「Aランク」の推奨度を獲得しています。