アルベンダゾールの通販での購入

アルベンダゾールは、様々な種類の「寄生虫感染症」を治すための医薬品になります。「エスカゾール」という名称の商品でも販売されています。
ここ日本においては「エキノコックス症(包虫症)」を治すための医薬品として認可を受けているほか、海外においてはジアルジア症や鞭虫症、フィラリアなどといった症状を治すために用いられています。

アルベンダゾールには抗癌作用もあり、がんを治療する目的でも用いられます。
治療を目的にも服用されています。

エキノコックス症とは?

エキノコックス症(包虫症)という症状は、日本においては主に北海道で確認されている病気です。エキノコックスというのは寄生虫の一種であり、この寄生虫の成虫(包条虫)は基本的には「狐」へと寄生し、その糞便に卵を産みつけます。

こういった狐の糞便に汚染されてしまった飲食物、例として挙げるなら、泥水や山菜を口に含んでしまうことからエキノコックス症(包虫症)へと感染します。口から体内へと入ったエキノコックスの卵は、腸において幼虫になって、そして肝臓にて増殖し続けるのです(人間の体内では成虫へとなることはなく、幼虫のままで増殖を続けるのが特徴です)。こういった寄生が始まってから、数年〜10数年ののちに、重篤な肝障害を引き起こすことになるのです。

アルベンダゾールの服用方法について

通常、成人の方に対しては有効成分アルベンダゾールとして1日につき600mgを3回へと分けて、食事と同時に服用します。服用は28日間、連続で続けて、そして14日間の休薬期間を設けます。また、この分量は、年齢および症状の重さによって、適宜調整(増減)されます。

用法・用量における使用上の注意点

過去に行った、吸収に及ぼす食事の影響を確かめるために行った試験で、患者で、特に脂肪を含んだ食事と同時にアルベンダゾールを服用することによって、空腹時のおよそ5倍近い値を示しました。このことから、高い効果をえ得るためにも、アルベンダゾールは食事と一緒に飲むようにしてください。