レビトラの通販での購入

レビトラは世界的に知名度の高い勃起不全(ED)の治療薬になります。

大手製薬会社である「バイエル社」と、英国のロンドンに本社を構える「グラクソ・スミスクライン社」、そして米国のニュージャージー州に本社を構える「シェリング・プラウ社」の3つの会社が共同開発を行い、誕生した薬になります。

この薬は、ラテン語で「男の生命」という意味を持っています。

レビトラの特徴・効果について

このレビトラは、バイアグラの作用を踏まえて開発された医薬品であり、副作用のリスクが少なく、食事による影響が少ないことを初めとして、効果が発現するまでの時間が早く、そして作用が長時間にわたって持続するのが特徴となっています。

その他のレビトラの大きな特徴としては、従来のバイアグラを服用しても、今一つ効果を実感できなかった方であったり、糖尿病を患っている方、これまでに「前立腺癌」の手術を経験された方、加えて「難治性のED」を患っている方に対しても高い効果があるとされています。

さらに、バイアグラと比較して挙げられる大きな違いは、空腹時でなくても服用でき、十分な効果を得ることができるという点です。

レビトラは勃起に対して抑制的に作用する酵素の働きを阻害することで、勃起力を増し、勃起時間を延長させる効果があります。

レビトラの有効成分について

レビトラには「バルデナフィル」という名前の有効成分が含有されています。一般的にこのバルデナフィルは「バルデナフィル塩酸塩水和物」という名称で知られ、白〜微黄色の結晶性の粉末となっています。主な性質としては、エタノール及び水に溶けやすいという点が挙げられます。こういったことから、「最高血中濃度」へと到達する時間がおよそ42~54分と早く、他のED治療薬と比較しても、「非常に即効性の高い薬」として知られています。

レビトラの作用機序について

レビトラの有効成分であるバルデナフィルには、勃起に対して抑制的に働きかけている「酵素」を活動を阻むことによって「勃起しやすい環境」を作り出し、勃起を促進して、なおかつ、勃起している時間を延長させる効果に期待できます。

レビトラの服用上の注意点について

レビトラの有効成分バルデナフィルは、おもに肝臓にて分解されて、そして尿と共に体外へと排出されます。その際に働きかけているのがCYP3A4という名称の酵素になります。この酵素を阻害する力が「グレープフルーツ」を始めとした柑橘類にはあるため、グレープフルーツを食べてレビトラを服用すると、バルデナフィルが正常に分解されず、思わぬ副作用を引き起こしてしまう恐れがあります。
そのため、レビトラを飲む予定の方は、安全を考えてグレープフルーツおよび、それが使用された飲食物は控えるようにしてください。