アフターピルの通販での購入

アフターピルとは「緊急避妊薬」のことを指します。
「緊急避妊ピル」とも呼ばれるもので、避妊がうまくいかなかった、もしくは、避妊せずに性行為を行った際に、72時間以内に緊急的に服用することによって、妊娠を回避する効果を持つ医薬品になります。

性行為の後、72時間以内にアフターピルを服用することによって着床を防止して、高い確率で妊娠するのを防止することが可能です。一般的には72時間以内と言われることが多いですが、早く服用すればするほど、より高い避妊効果を得ることができますので、可能な限り早く用いることが大事です。

アフターピルの効果について

アフターピルを服用して、なぜ妊娠を防止することができるかという点については、排卵を抑制したり、または遅れさせたりすることが主な理由なのではないかとされています。排卵の前にアフターピルを服用することによって、その後に起こる排卵が5〜7日間抑制され、その期間の間に女性の性器の中へと入った精子が、受精する力をなくすことになるのではないか?ということです。実は妊娠のメカニズムというのは、現在も完全に解明されているわけではありません。もしかすると、まだ明らかになっていない未知の仕組みによって、避妊効果がもたらされている可能性は考えられます。
しかし、受精を妨げるには、上に述べたように、排卵の時期を遅らせることが大きく関係しています。

日本においても認可されているアフターピルである「ノルレボ錠(「アイピル」というジェネリックも販売されています)」は、1錠を性行為から72時間以内に飲みます。服用が早ければ早いほど高い避妊効果を得ることができ、12時間以内に服用すれば、99%を越える確率で避妊することが可能です。

アフターピルの副作用について

アフターピルを服用した際に起こる副作用には「吐き気」、「お腹が痛い」、「頭が痛い」、「眠くなる」、といったものがあります。
こういった副作用は、概ね24時間程度で治ります。
しかし、これらの副作用の中で、特に注意しなければならないのは「吐き気」になります。
なぜなら、吐き気がもとで嘔吐してしまうと、アフターピルの有効成分もそれらと共に吐いてしまう恐れがあるからです。
もしもアフターピルを服用した際に、早い段階で嘔吐してしまった場合は、早急に医療機関へと相談を行うのがお勧めです。
またアフターピルを服用すると「消退出血」が起こる可能性があります。
この消退出血というのは子宮内膜が剥離した際に起こる出血のことです。しかし、この出血は生理の際の出血とは異なって、短期間で止まることが多いです。