カマグラゴールドの通販での購入

カマグラゴールドの概要

カマグラゴールドは、インドのムンバイに本社を置く製薬会社であるAjanta Pharma(アジャンタファーマ)社が製造販売する、ED治療薬として有名なバイアグラのジェネリック医薬品です。
含まれる有効成分は、シルデナフィルです。
カマグラゴールドには、シルデナフィルが100mg含まれる錠剤と、50mg含まれる錠剤の2種類があります。
バイアグラと比べて3分の1の値段で購入できて同じ効果が期待できる、コストパフォーマンスの良さが特徴です。

カマグラゴールドの効果について

カマグラゴールドの主成分であるシルデナフィルは、勃起を阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を抑制する作用があります。
PDE5は、勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまいます。
つまり、cGMPが分解されるとEDの症状が起きてしまうということです。
カマグラゴールドを服用すると、シルデナフィルがPDE5阻害してcGMPの分解を抑制することで、陰茎の血管を拡張して、さらに海綿体の筋肉を弛緩させます。
それによって、海綿体に多くの血液が流れ込んで勃起を促し、その状態を維持する効果が期待できます。
カマグラゴールドの効果が持続する時間は、4~6時間程度です。
カマグラゴールドに、催淫作用や性欲増強作用はありません。
あくまでも性的な刺激や興奮が加わることで、効果を発現させます。

カマグラゴールドの服用方法

通常、1日1回シルデナフィルとして25~50mgを、性行為の予定の1時間程度前に服用します。
次に服用するまでは、24時間以上の間隔を空けてください。
食事の影響を受けるため、空腹時に服用するようにしてください。
食事を摂った場合は、2時間程度経ってから服用してください。
どうしても食事をする必要がある場合には、できるだけ脂肪分の少ないメニューを選ぶようにしてください。
飲酒する場合、シルデナフィルの血管拡張作用によって普段よりも酔いが回りやすくなりますので、飲酒量には注意が必要です。

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの主な副作用としては、ほてり、潮紅、頭痛、口の渇き、鼻づまり、胸焼け、消化不良、下痢、動悸、眠気などが報告されています。
これらの症状の多くは、シルデナフィルの血管拡張によるもので、一時的であることがほとんどです。
ただし、カマグラゴールドを服用して明らかに身体に異常を感じた場合には、医療機関を受診するようにしてください。

カマグラゴールドの注意事項

カマグラゴールドを使用できない既往症や、併用に注意が必要なお薬がありますので、他の病気で治療中の方や、お薬を服用中の方は医師や薬剤師に相談してから使用するようにしてください。