アイピルの通販での購入

アイピルの概要

アイピルはインドの製薬会社であるピラマル・ヘルスケア社が製造販売する緊急避妊薬です。
性行為の後、72時間以内に服用することで、望まない妊娠を高い確率で避ける効果が期待できるお薬になります。
アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、女性ホルモンのひとつの黄体ホルモンを人工的に作った成分です。
作用としては次の3点が挙げられます。

  1. 排卵を抑制する作用
  2. 宮内膜の増殖を抑制する作用
  3. 子宮頚管の粘液を変化させて精子を子宮内に侵入しにくくする作用

アイピルはこれらの作用により、高い避妊効果を発揮します。

アイピルの効果について

アイピルを性交後24時間以内に服用することで約95%の避妊効果があるとされています。
また、72時間以内の服用では、約75%の確率で妊娠を回避することができるとされます。
その後時間の経過と共に避妊が成功する確率は下がり、性交後72時間以降はその確率は一気に下がってしまいます。
120時間以内であれば妊娠を防ぐ効果が期待できると言われていますが、その確率は50%ほどです。

アイピルの服用方法

避妊に失敗した、または避妊できなかった性交の後、1錠を水またはぬるま湯で服用します。
性交後72時間以内に服用することで、効果を期待できるとされていますので、なるべく早く服用するようにしてください。
服用後2時間以内に嘔吐してしまうと、薬の効果がなくなってしまう可能性がありますので、念のためもう1錠追加で服用するようにしてください。
あらかじめ吐き気止めなどを服用しておくのも有効です。

アイピルの副作用

アイピルの主な副作用としては、頭痛、傾眠、消退出血、不正子宮出血、悪心、吐き気、けん怠感などが挙げられます。
消退出血は約5割の方に現れるとされているため、あらかじめ生理用ナフキンなどで備えておくことをお勧めします。
不正出血は、妊娠初期の出血と区別できないこともありますので、いつもの生理よりも出血量が少ないなど気になることがある場合は、念のため妊娠検査薬を使用するか婦人科を受診するようにしてください。

アイピルの注意事項

重篤な肝障害のある方や、妊娠中授乳中の方はアイピルの服用をお控えください。
アイピルは完全に妊娠を防げる薬ではありません。
日常的に使用するのは避け、計画的に避妊するためには低用量ピルやその他の避妊方法を取るようにしてください。
服用後4週間以内に生理が来ない場合は、妊娠検査薬を使用するか婦人科を受診してください。
アイピル服用中は、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)は摂取しないようにしてください。