アレグラの通販での購入

アレグラの概要

アレグラは、有効成分フェキソフェナジンを含む抗ヒスタミン薬です。
従来のお薬と比べて眠くなりにくいという特徴があり、効き目は穏やかです。
アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関係しています。
体内でアレルギーの原因物質による刺激が起こると、免疫系の細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。
そしてヒスタミンがH1受容体と結合すると、その刺激で鼻炎などのアレルギー症状が出てしまいます。
アレグラはこのH1受容体をブロックして働きを抑制することで、アレルギー症状を緩和することが期待できるお薬です。
第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されるお薬で、第一世代に比べて口の乾きや排尿障害、また眠気などの副作用が出にくいのも特徴です。

アレグラの効果について

アレグラは次の症状の改善に効果があるお薬です。

  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒

特に花粉症など、季節性の鼻炎や通年性のアレルギー性鼻炎の症状緩和に効果があるお薬です。
花粉症が発症する前に服用すると、発症を遅らせて鼻炎の症状が悪化するのを予防することが可能です。
また、ダニやハウスダストなどが原因のアレルギー性鼻炎の症状緩和にも有効です。

アレグラの服用方法

成人は通常、主成分として60mgを1日2回、なるべく食前に服用します。
7歳~11歳の小児の場合は、1回主成分として30mgを1日2回服用します。
12歳以上の小児は、成人と同じく主成分として60mgを1日2回服用します。
症状によって適宜増減されます。
即効性のあるお薬ですが、十分な効果が出るまでは数日かかることがあります。
花粉症の場合には、花粉が飛散する前から予防的に服用することが推奨されます。

アレグラの副作用

アレグラの主な副作用としては、頭痛、眠気、吐き気、喘息増悪、腹痛、めまい、倦怠感、胃腸炎、血管浮腫、かゆみ、蕁麻疹、潮紅、発疹などが報告されています。
これ以外にもアレグラを服用して身体の異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するか、必要に応じて医療機関を受診するようにしてください。

アレグラの注意事項

飲み合わせに注意が必要な薬がありますので、他のお薬を服用中の方はアレグラを使用する前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。
妊娠中の方、また授乳中の方はアレグラの服用はお控えください。