エナカルドの通販

エナカルドについての特徴

エナカルドとは、犬のうっ血性心不全の治療薬です。
作用としては、血液循環に悪い影響がある生理活性物質の生成を抑えて、機能が衰えた心臓の負担を軽減します。

心機能の低下により、血液循環が悪化してしまった場合、うっ血性心不全になります。
うっ血性心不全とは、全身に血液を送る役割を担う心臓の機能低下により、正常に血液の循環を維持できない状態です。

高齢犬に多い心疾患の末期症状で、咳や息切れや呼吸困難、疲れやすい、腹部の膨満、肺水腫、失神などの症状が出やすくなります。
犬のうっ血性心不全の治療は、投薬によって、心臓の負担を和らげ、症状の進行を遅らせる内科療法が主となります。

心機能の衰えをもたらす要因は、循環血液量の増加や抹消血管抵抗性の増加や心臓の収縮力の低下などが考えられます。それぞれ状態に合わせて、血管拡張剤や利尿剤、強心剤などが使用されます。
その中でも、血管を収縮する物質の生成を阻害して、血管を拡張させることによって、血液循環の改善に効果が認められているのがエナカルドです。

[エナカルドの作用]
エナカルドには、犬や猫の血行を良くする効果があります。その理由は、エナカルドに含まれるエナラプリルマレインには血管を広げ血液の循環を促す作用があるからです。そのため、「ACE阻害薬」と呼ばれる、血圧上昇や心筋肥大を防ぐ薬に分類されています。

[エナカルドの効用]
エナカルドを服用することによって犬や猫のの僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善に繋がります。
僧帽弁閉鎖不全とは、血液の逆流により呼吸困難や運動不耐性などの症状を引き起こしてしまう病気のことです。エナカルドが作用することにより血液型スムーズに循環するので、この病気を防いだり進行を遅らせることができます。また、血行動態の改善をする効果もあります。その他に、咳や食欲不振、活動性の低下や血圧の低下等の臨床症状を短期間で改善することも可能です。高い延命効果もあり、犬や猫の健康を保つのに必要不可欠な薬となっています。