クリンダマイシンの効果や注意事項

細菌による感染症の薬クリンダマイシンの効果や注意事項

クリンダマイシンは、様々な感染症に用いられている薬です。例えば皮膚感染症、呼吸器感染症、耳鼻感染症等広い範囲の感染症に使われます。
感染症は病原菌微生物が体に侵入する事により、発熱や腫れなどを起こす病気です。感染症の原因となる微生物には、細菌やウィルス、カビなどがありますが、その中でもこの薬が効くのは細菌による感染症です。
細菌の中でも特にブドウ球菌や溶連菌などどのグラム陽性菌と嫌気性菌に効果があります。また、肺炎球菌にも強い抗菌力が認められています。

細菌の増殖にはタンパク質の合成が必要ですが、この薬は細菌の蛋白質の合成を阻害する事によって抗菌作用を示し増殖を抑えます。病原菌が死滅すると、熱があれば下がり腫れや赤みはおさまります。
クリンダマイシンはリンコマイシン系の抗生物質です。類似薬のリンコマイシンよりも強力な薬で、軽微な感染症よりも難治性の病気に使用される事が多いです。感染症以外ではマラリアにも効果があり、抗マラリア薬と併用する事もあります。

この薬は肝臓病や腎臓病がある方、アトピー体質の方、高齢の方は、慎重に用いる必要があります。抗生物質のエリスロマイシンと併用すると、薬の効果が発揮されないので注意が必要です。

クリンダマイシンの一般的な商品としては、内服薬のダラシンカプセルやダラシンS注射剤液があり、用途に合わせて選択されます。
また外用薬もあり、ニキビ治療等に使われます。症状や年齢、体重などにより用法容量が違いますが、内服薬は医師の指示無しに自己判断で中断する事なく、指示された期間きちんと飲み続ける必要があります。